杉並区2年目職員対象のチームビルディングを実施しました

f:id:rintaro_suginami:20181206213848j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181206213853j:plain

f:id:rintaro_suginami:20181206213915j:plain

2年目職員対象の宿泊研修初日に、「翌日のプレゼン準備に向けて、何でも言い合える!聴き合える!チームを作って欲しい」というオーダーを受けて、チームビルディングを行いました。

 

今回は約30名が2部屋に分かれて、同時に研修実施。
ALsは、よねとりんが、それぞれの部屋に分かれて担当しました。

 

〈プログラム〉
★ゴール:何でも言い合える!聴き合える!チームに必要な約束事が共有されている!
(1)開会・マインドセット「本研修の主旨・ゴール・プログラム・グランドルールの共有」
(2)アイスブレイク1「ハイタッチ自己紹介」
(3)アイスブレイク2「ビート5」
(4)情報提供1「会議を円滑に進めるワザ」
(5)情報提供2「シックスハット発想法」
(6)グループワーク「シックスハット会議 Round1」
(7)グループワーク「シックスハット会議 Round2」
(8)フィードバック〜行動宣言の共有

 

シックスハットをメインに据えた組み立ては今回が初挑戦。
シックスハット法とは、6つの異なる思考を持った帽子の、いずれかを1つ被っているような意識を持ち、テーマについて考える発想法です。

 

第1ラウンドは、メンバーがランダムで帽子の役割を担当し、会議に臨んでみる。あえて、意識的に発想を転換して会議に臨むことで、普段の自分の思考のクセに気づくことができます。

第2ラウンドでは、自分が一番楽に被れる帽子を他のメンバーには告げずにこっそり被り、会議に臨みました。

終了後、他のメンバーから(1)どの帽子を被っているように見えたか?その理由(2)特にこの行動・言動・ふるまいに感謝(3)こんな帽子を被ってみてもいいかも…という点においてフィードバックをし合いました。

そして、フィードバックを受けての気づきや学び、自身の行動宣言を共有。

 

最後は、2度の会議実践を踏まえて、自分たちのチームで大切にしたい会議の約束事を明文化!…ということで、無事にゴール達成です♪♪

 

会議の臨み方に対するフィードバックを受けることはなかなかないようで、とても新鮮な気づきや嬉しいぃ〜〜〜という声が研修中にも聴こえてきました(#^^#)

こういう様々な側面からのフィードバックも、言い合う・聴き合うチームづくりにつながりますね。

みんな、今頃懇親会を楽しんでいるのかなぁ♪♪

明日のプレゼン準備→発表、頑張って!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です